イグ・ノーベル賞 06 – 英国のハワード・ステイプルトン

 ユーモアにあふれ、科学への関心を高めた研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の06年の受賞者が5日発表され、平和賞には高周波雑音発生装置「モスキート」を発明した英国のハワード・ステイプルトンさんが選ばれた。

「乾燥スパゲティ」の研究で物理学賞を受けた研究者2人(左)を祝福する05年ノーベル物理学賞受賞者のロイ・グラウバー米ハーバード大教授(右)=5日、ハーバード大サンダース講堂で
http://www.asahi.com/international/etc.html
写真

イグノーベル賞とは「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞である。ノーベル賞のパロディ的な賞で、1991年に創設された。 イグノーベルの名は、「ノーベル賞」に反語的な意味合いの接頭辞を加えたもじりであると共に、「卑劣な、あさましい」を意味する”ignoble”と掛けている。(Wikipedia<-Click to browse)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s